月夜の蟹


ようこそのおはこびで      厚く御礼申し上げます
by 白虎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ

カテゴリ:ドラマ・映画( 39 )

春ドラが素敵過ぎる件w

実生活がなかなかハードにズンドコなもんで、ドラマの充実っぷりに救われてる今日この頃。

   現実忘れるにゃあ男前見るに限る。

なんつーフトドキな欲求を充分満たしてくれてる俳優陣の素敵な事ったらちょっとw
イタリア語だけで満足とかとんでも無かったわ(///∇//)

取り敢えず「ATARU」と「リーガル・ハイ」と「ハンチョウ」は外せないし、
来月は「平清盛」に虎ノ介クン登場。
好きな俳優さんばっかで嬉しいってのも然る事ながら、
揃いも揃ってクセ者ばっかw ああ楽しい(笑)

ちょっとだけ現実逃避して頑張ろ〜って気に…なるはず。たぶんw
[PR]
by baihu667-shie | 2012-04-25 23:48 | ドラマ・映画

泣かせてくれるじゃないかいッw

久々に余裕出来たから、虎ノ介くんの出てた水曜ミステリーの事を書くつもりだったのに、
「妖怪人間ベム」にやられた! 何?この面白さw

ジャニドラだし妖怪ったってどうせショボイ着ぐるみでしょ?
まぁでも北村天使様出てるし、見てみるか…ぐらいな気持ちで見始めたら
ちょっとこれ、結構良く出来てるじゃないのw( ̄△ ̄;)w
まさかベム梨クンが格好良く見える日が来ようとは…。見くびっててごめんよ。
杏ちゃんは男前だし、福クンは可愛いし。
北村天使は今のところ凄く良い人だけど、今後化けるのかどうかも楽しみなところ。

アニメをリアルで見てた世代としては、OPナレーションを当時のまんま作ってくれたのも高得点。
ベムは柄本さんの方が原作に近いけど、これはこれでアリかも。
何よりストーリーが丁寧に作られてるのがいいな。
特に4話には泣かされたぁ。
「おいらこんなだもん、怖いよ」って…(ノω・、) ウゥ
花を差し出す姿がね、号泣ですよ号泣。

あの三人にどんな結末が待っているのか、興味は尽きません。
[PR]
by baihu667-shie | 2011-11-13 17:54 | ドラマ・映画

待ち長い

『龍馬伝』
これまでに無い「新撰組」の描き方にちょっとドキドキしつつ、
とうとう岡田以蔵が捕縛されて、土佐へ強制送還。
第二部のクライマックスに向け、ますます武市先生の苦悩が増してきてます。
俯瞰で見せる牢獄って新鮮だけど、半平太@大森南朋クンのヤツレっぷりが悲壮感たっぷり。
以蔵の拷問やら富さんとの夫婦愛やらあれやらこれやら、これからどんどん哀しい展開になるんだよねぇ…orz

それにしても後藤象二郎@崇クンの憎たらしいことw(褒めてるんですよ一応w)
大殿様から勤皇党員への拷問を止められて、吉田東洋暗殺の首謀者を上手く吐かせる事の出来ない苛立ちが、
彼の身体中から表へ溢れているよう。
今こんな恨みの塊みたいな象二郎が、この後どんなふうに龍馬と絡んで来るのかすごく楽しみ。
今年の大河は俳優スタッフ含めみんなの力の入り具合がハンパ無くて、こんな中で演技するのは
さぞかし楽しいだろうなぁと思っちゃう。
崇クンにしろ虎ちゃんにしろ、良い作品と良いスタッフに恵まれて幸せだねぇ。

で肝心の虎ノ介クンですよ。
どうやら武市先生の切腹前に一話増えて、第三部の虎ちゃん登場回が一週延びることになった模様。
一体なんの焦らしプレイですかNHK(笑)
大河に出して貰えるだけで有り難いんで文句は言いませんが ← 言っとるがなw
せめて公式HPの写真は早く着物姿にして欲しいとか思ったり。
あと一ヶ月ちょっと先か…待ち長いなぁ。
ま、ドラマ自体面白いから良いんですけどね。

そう云えば、虎ちゃんご親戚のお寺さんがツイッターで呟いてらっしゃいますねぇ。
なんでも大河のお稽古に「ちりとて」の時の浴衣で挑んでいるとか。
それだけの事なんだけどちょっと嬉しい。
大河は所作がとても大変と聞いているので、この機会にみっちり仕込んで貰って、
役者としてまたひと回りもふた回りも大きくなる虎ノ介クンに期待してます。
頑張れ虎ちゃん ( ̄一* ̄)b
[PR]
by baihu667-shie | 2010-06-07 14:40 | ドラマ・映画

オドロイタ

大河ドラマ『龍馬伝』
感想はあげちょりませんけんど、ドラマはちゃあんと見ちょりますきに武市さァん(龍馬風でw)!

いよいよ第二部のクライマックスとも云うべき所に来てしまいました。
平井収二郎の投獄〜切腹を皮切りに、とうとう「土佐勤王党」の終わりの始まり。
幕末と云う時代の流れに翻弄されたのは、主人公「龍馬」じゃなくて武市半平太の方だったか…。
大森南朋クン演じる半平太の人間臭さが、栄華盛衰の悲哀を余計に際立たせて胸が苦しい。
この感じは『新撰組!』の山南さん切腹までの心持ちとかなりだぶる。
大友D演出なんで間違いなかろうとは思いつつも、どうか良い最後である様にと祈りながら、
胸狂おしくその日を待ってる次第です。

そして勤王党の幕引きに、満面の笑みで後藤象二郎@青木崇高クン復活。
何と云うか…正直怖かったです。
あんな邪悪な笑顔、いつから出来る様になったんだ崇クンは。
眼がまったく笑ってなかったぞ。
これまでの彼のイメージは大きくて陽気なワンコみたいだったのに…。
ちょっとビックリしましたです。
後藤象二郎は今後龍馬と深く関わって行く事になるんですが、叔父(吉田東洋)殺しに対する恨み骨髄な
あの顔見てると先が読めませんね。

そう云えば、崇クンと虎ちゃんは月一でお食事してるそうだけど、今回の大友演出の話なんかもしてるのかな?
超個人的にですが、いつかは虎ちゃんも大友演出の洗礼受けて欲しいもんだなぁ…と思っていたりします。
出来ればチーム「ハゲタカ」で、ってのは欲張り過ぎかw
[PR]
by baihu667-shie | 2010-05-17 16:35 | ドラマ・映画

たまには韓ドラも良いかな

『私の名前はキム・サムスン』
美人でもスマートでもなく、若くもないオールドミスのパテシエ、サムスン(キム・ソナ)は裕福で、頭もよく美男だが性格の悪いジノン(ヒョンビン)のレストランで働くことになる。ある日サムスンは男性とお見合いすることに。しかし、その隣でお見合いをしていたジノンが、自分の見合い相手から逃れるため、突然サムスンに近寄り恋人の振りをする。おかげで素敵な男性を逃してしまったサムスンは泥酔し、そんな彼女をジノンは自宅へ連れて行く。そしてジノンは、サムスンに契約恋愛をしようと提案し…。

韓国版「ブリジット・ジョーンズの日記」として、2005年韓国で視聴率50%を超えた
ロマンチックラブコメディー。
今、東海地方ではお昼に放送されてます。
私はもともと韓流にはとんと興味が無かった(と云うか、正直韓国の男優さんは良さが解らんw)のだけど、
「冬ソナ」でズッポリ嵌った母と妹に勧められて見た中で、唯一面白いと思えた作品(笑)
主役が韓流にありがちな薄幸の美人さんじゃ無いとこが実に良いなぁとww
でもって相手役のヒョンビンより脇役のダニエル・ヘニーの方が断然格好良いじゃないかと思っていたりするw

そして主役のサムスンを演じてるキム・ソナさんを見ていると、もしこれを日本でリメイクするなら
絶対「鈴木砂羽」さんだよなぁ…と思うのです(笑)
何となく雰囲気似てませんか彼女?

私の名前はキム・サムスン DVD-BOX 1[日本語字幕入り]

私の名前はキム・サムスン DVD-BOX 2[日本語字幕入り]

[PR]
by baihu667-shie | 2010-04-19 20:39 | ドラマ・映画

落差あり過ぎと違う?

終わっちゃいましたねぇ。
NHK土曜ドラマ『外事警察』
チーム「ハゲタカ」らしい暗めな雰囲気が好きで、結構嵌って見てました。
え?NHKがここまでやるの?なとこがね、なんか良かった。
ああ、違うか、NHKだからやれたのか…。
もうね、渡部篤郎さん素敵過ぎ。真っ黒で。彼はああ云うのがホント似合うなぁ。
歪んだ主人公好きーwな私には、あのキャラは凄く魅力的(///∇//)
だもんで期待し過ぎて、最後んん?って感じだったのがちょっと残念。
まさかあんな終わり方するとは思ってなかったよ。
年明けに一挙再放送やるんだ…と思ったらBSか。ダメじゃん。
けど、こんなんいっぺんに見たら魂抜ける気がするw

で、そのあと次の土曜ドラマ『君たちに明日はない』の予告がまた…w
あまりにもトーンが違い過ぎて、一気に現実に引き戻された(笑)
脚本は宅間さんなのね。
4話に青木クンがゲスト出演するらしいです。
多分見るだろうけど…微妙かもな(笑)
[PR]
by baihu667-shie | 2009-12-19 23:07 | ドラマ・映画

ちょっと惚れた…かも

昨晩最終回だった『任侠ヘルパー』
最初はあの草なぎクンが極道?大丈夫かいな?と思ってたんですが、見事に裏切ってくれました良い意味で。
振り返ると、今期一番嵌って見たドラマかも。

もともと良い演技をする人だし、アイドルで括ってしまうのは勿体ないなぁと感じてはいたんだけど、
まさかここまでとは…。
ちょっとした視線やら仕草やら、彼はこんな色気をいったいどこに隠していたんだ。
彦一めちゃくちゃ格好良かった。
これはDVD出たら買っちゃうかも知れないな。
某巨大掲示板で、男版「北島マヤ」と書かれていたのを見ましたが、まさにそんな感じ。
普段のポヤヤンとした雰囲気は全く無くて、男っぽさ全開。しかもワイルド。
剛、恐ろしい子…。

彼はドラマや映画を演る毎に、引き出しを増やしていってるようだなぁ。
今やってる映画でも、しっかり戦国武将してるようだし。
映像とはまた違う演技を要求される舞台での彼も、観に行ってみたくなりました。

見逃してたドラマや映画もちょっとレンタルしてみようなんて思って、あれこれ物色するうちに、
勢いでぽちっとしちゃった(///∇//)
ホテル ビーナス [DVD]

草なぎクンの声は質の良いリネンのようで、穏やかな響きがとても心地良くて好きです。
そう云えば、NHKでナレーションしてた事ありましたね。
ずーっと聞いていたくなる、そんな声です。
[PR]
by baihu667-shie | 2009-09-18 20:10 | ドラマ・映画

天地人 第十六回『信玄の娘』

4月に入ってからと云うもの仕事だなんだでいっぱいいっぱいになってしまって、なかなか記事を更新出来ず、ちょっと情けないです。

さて、
内乱による景勝の苦しみを、もう少し深く掘り下げて欲しかったなぁ。
と云うのが、「御館の乱」全体の感想です。

実際に乱を起こしたのは確かに兼続であったのかも知れないけど、そこに至る状況を作ってしまった事に対する自責の念を誰よりも景勝は感じている。
『偉大なる謙信』と云う呪縛に囚われるあまり、当主としての在り様に戸惑う己の振る舞いが、家臣を従わせるに足りなかった事をよく解っている。
だからこそ、この乱で犠牲になった者達の為にも越後を守り抜き、しっかりとした当主たらんと決意する景勝。
これまでどことなく自信無さげに揺れていた殿@北村さんの瞳が、真っ直ぐに前を見据えた表情に変わったのはさすがです。
身内の犠牲と云う十字架を背負った景勝がこれからどんな当主になっていくのか、興味深く見守りたいとこだけど、K先生ちゃんと描いてくれるかなぁ… o(_ _*)o

一国の主には当然『お嫁さん』と云う事で、武田家から菊姫がお輿入れ。
双方存続の為の政治的な結婚とは云え、やっぱ美男美女は絵面がいいですね。
宴の席では終始仏頂面だった殿の、お寝間姿のエロっぽい事ったら (///∇//)キャ
どうしてこの人は、こんなに白綸子が似合うんだろうかなぁ。
照れてまともに目も合わせられなくて、でもさっさと床に入る菊姫の振る舞いにドキドキしてる感じが初心っぽくて可愛い (* ̄∇ ̄*)
謙信公は生涯不犯を貫いた方だったですが、そんな御館様の傍にいて、殿はどうやって女の扱いを覚えたんでしょうかねぇ?
上田衆がよってたかって教えたんだとしたら、なんか可笑しいぞ(笑)

でも、背中に短刀突き付けられた時の顔はめっちゃ麗しかったです。
寝所の薄明かりに照らされた綺麗な顔で、あんなふうに眉間にしわ寄せて見つめられるなんて、私だったらイチコロですがな←バカ

菊姫は武田の命運背負って来てる気満々で殿に援助を迫るんですが、殿の答えはNO。
この時の殿の声は渋くて良かった〜(♯´ 艸 `)
軽々しく口約束をしないのが如何にも殿らしいわけだけど、菊姫は裏切られた感でいっぱいになって自室に引きこもっちゃう。
まぁ、仮にここで言質をとったとしても、戦国時代ですからね。
この先何が起こるか解ったもんじゃありません。
だから、殿が出来る限り助けようと思ってたとしても、安易に口に出さないのは正解。
それだけ誠実って事なんですが、この時の菊姫には伝わらなかった様子。
それにしてもあんな簡単に寝所に刃物持ち込めるなんて、上杉さんちは無防備にも程があるぞ。

信長さんちは相変わらず妖しいムード。
このパートはどうも今ひとつ馴染めないなぁ。
普通に織田の動向を描けばいいのに…と思います。
何て云うか、毎回作り過ぎて妙な感じ。
妙と云えば、初登場であの頭をさせられた家康@松方さんには心から同情致します。
何が何でも、越後に兼続ありと持って行きたい制作側の思惑がちらほら…と云うよりあからさまに見えているのも如何ともし難い。

そしてまたしても兼続とお船のツーショット。
彼女は当主の館に何の用で来てるんですかね?
ここで兼続の台詞に、

「〜殿の支えとなって頂きたいのです。例えどんな形であったとて、夫婦となられたのです。この世でたった一人の男であり、女子なのですから…」

とあったので、お船がこれまでの信綱との事を振り返って何事か考えでもするのかと思いきや、まったくそんな素振りも無くあっけらかんとしたもの。よくもまぁ、こんだけヤな女に描けるもんだと感心します。
雪割草はまぁ…いいんじゃないですかあれで(笑)。
華姫のくだりは少しあざとい気もしたけど。
ただ出来れば菊姫には、殿の言葉で人となりを感じ取って欲しかった気もします。
戦国の女の境遇は皆似たり寄ったりなわけで、それは解ってて、でも武田の為にと嫁いで来たのだと思ってたし、解ってはいるけど殿には「武田を助ける」としっかり言葉にして欲しかったのかなって。
だからここで「女の幸せって何?」ってな事言われるのはちょっと違うかなぁ…。

未だ続く内乱を治めるべく出陣する殿。
陣羽織姿は凛々しくていいんですけど、いいかげん活躍場面を作って欲しいもんです。
今回もナレーションですっ飛ばし…orz
あっさり内乱終わってしまいました。
その上、殿の婚礼では武田なんぞ信用出来ん!と席を立ってしまった吉江と、お船との仲に悶々としていたはずの信綱が何故か兼続擁護派に。
いったいその間に何があったんだ?
兼続が家老になる切っ掛けとしても、いきなり過ぎて???でした。

若くして家老になった兼続をやっかむ重臣達。
あれだけ厚遇されてれば無理からん事だけど、男の嫉妬は見苦しい。
そんな中、兼続を激励する信綱。
それなのに兼続擁護のとばっちりで襲われるなんて、つくづく不憫な人だ信綱って。
嫁があんななのにも関わらず、寛大な良い人だったのに。
来週には兼続が直江の婿になるんだそうで。
史実がそうなってるとは云え、そろそろ邪魔だから信綱には消えてもらいましょう、
ってんじゃないでしょうねK先生?
[PR]
by baihu667-shie | 2009-04-24 23:24 | ドラマ・映画

天地人 第十五回『御館落城』

なんとか頑張って見ているものの、見る度に感じるガッカリ感…o(_ _*)o
景虎と華姫の愁嘆場とか、常に前に出て来るお船とか、言い出すとキリが無いくらい。
個々のエピソードがどうにも繋がりがなくて、バラバラな印象がある。

「御館の乱」は発端から終焉までの過程で、景勝、景虎、兼続それぞれの人となりを表すには絶好の機会だったと思うんですよ。これだけで五週も使ってる訳だし。
それなのに、何の感動も呼び起こさない。別の意味で凄いドラマになってる。

だいたいお船が仙桃院を説得しに行く事自体妙なのに、先に殿んとこ行って決めて来ちゃってから旦那には事後報告って、あまりにも我が夫をバカにした話だよね。
何かと云えば兼続の名前を出して、しかもここで「紅葉の教え」ですか。
あれじゃ、信綱だって勝手にしろと言うしかない。
万事そんなふうだから、彼女がちっとも良くみえない。
妙椿尼も、血迷って遺言でっち上げた罪悪感が微塵もみられない。
直江家は当主ほったらかしで女だけで動かしてるのかと思う程ですよ。
出て来る女性陣がここまで鬱陶しく感じるのは初めてだ。

北条暗殺も取って付けたような唐突さ。
雪に埋もれた場面の為だけに殺されたような気さえする。
景勝側に寝返った武将が手みやげ代わりにとか、幾らでも描きようはあったろうに。
結局、誰がやったか解らずじまい。

景虎が、仙桃院に説得されるとこはちょっと良かったかな。
過度な自信とプライドに付け込まれ煽られて激情のまま反乱を起こしたものの、寝返る武将は後を断たず頼みの北条も殺されて弱気になった所へ、彼を養子にした謙信の心情を聞かされて我に返る。
彼が本当に欲しかったのは、孤独な心を理解し満たしてくれる場所。
地に足付けて立っていられる場所。
見過ごしていただけで、自分はそれを既に手にしている。
そこに気付いて降伏を決意する。
強張った心が解れて、肩の力が抜けたような景虎の表情は切なかったです。

負けを認めた景虎は息子を人質に差し出す訳ですが、この道満丸の暗殺は変にぼかすより景勝側の仕業で良かったんじゃないでしょうかね。
遠山の去り際の「ニヤリ」で、ああこいつの差し金か…とは思ったけど。
重臣の誰かが先走ったにせよ、「後に遺恨を残さないように」と云うのは時勢的に通例だし。
景勝は知らなかったとしても結果的に関与した事で苦悩しながら、それでも討ちかかる景虎軍を制圧しなければならない。
景虎は己の立場を悟り差し出した心ををまたしても踏みにじられ、怒りと哀しみで再度討って出るも叶わず、失意のままに華姫と共に自刃する。
と云う展開の方がすんなり理解できる。
兼続が駆けつけるも時すでに遅し、景虎と華姫は折り重なるように倒れて…ではいかんかったのでしょうか?
あそこで詫びを入れられても、今更何だ!?って感じでしょうよ。
しかも毎度上田衆総出で。
彼らは必ず一揃いで出なきゃならん決まりでもあるんかな?
どうも主人公側を良い人に描こうとするあまり、妙な話になってる気がする。

来週はいよいよ殿にお嫁さん。
二人は仲が良かったと聞き及びますが、予告を見ると何やら物騒な展開が。
彼女はお船みたいに鬱陶しい人にならない事を願います。

それにしても、北村殿のお寝間姿はいつ見てもエロくていかん (///∇//)
[PR]
by baihu667-shie | 2009-04-15 17:50 | ドラマ・映画

天地人 第十四回『黄金の盟約』

せっかく、ここ何回かはちょっと大河らしくなってきたかなと思ったのに、またしても元通り…orz
脚本がアレな上に演出がコレでは、物語を楽しむなんて無理だよ〜o(_ _*)o
今回はまた、えらく見辛い画面構成だったし。
どう云う効果を狙ってるのか解りませんが、あれでは逆効果ではなかろうか?
人物や物語に惹き付けるものがあれば、シンプルな演出だって十分面白いものになると思うんですがねぇ。

景勝@北村さんが良い感じなだけに、ほんに勿体ない。
今回、謙信の教えとしての「正義」のありかたと、上杉を存続させねばならないと云う葛藤に揺れる景勝の心情がよく出てたと思うんです。

一国の主としての判断、理想と現実、そして『謙信』と云う名の呪縛。
景勝は当主として立てられてからこれまでずっと、
「謙信ならばどうするか」
と云う事だけを考え続けていたのだと思う。
彼の中にある「謙信」が偉大過ぎてそこから自分を切り離すことが出来ず、あくまで清廉であろうとすればその先には滅びしかない。

けれど、越後にとって今何が必要なのかを景勝自らが国の主として考えた時、

謙信の「義」を神格化しこだわり続けても、越後を守り抜く事は出来ない。

そう気付く事で、彼は『謙信の呪縛』から解放されたのだと思う。
清廉でありながら、心の奥底に強さとしたたかさを宿して初めて本当の当主となったのだと思います。
毘沙門堂に籠ってからの北村さんの表情の変化はさすがだと思いました。

だからこそ、底の浅い話になってるのが非常に惜しい。
主人公は確かに兼続だから、殿の話が多少割愛されるのは仕方無いとは云え、もうちょっと掘り下げた人物設定であって欲しいと思う。
まあ、その主人公にしたってやたら讃えられるばかりなのはどうかと思うけど。
表立って動いているのは兼続と父の惣右衛門と上田衆仲良し倶楽部の面々だけで、古参の重臣は異論を唱えているばかり。これじゃ吉江でなくても泣きたくなるよ。
周辺国の様子もあまり出てこないし。
きちんと描くべき所と省略する所が妙な按排になってるから気持ち悪いんだきっと。

ところで信長と初音は何で屋根の上???

つくづく色んな所が…惜しいなぁ。
[PR]
by baihu667-shie | 2009-04-09 11:06 | ドラマ・映画


カテゴリ
お気に入りブログ
画像一覧
れっつごー


*大切なお友達*

♥部屋とトイカメラと私。

♥猫はなんでも教えてくれる。
♥jade-beads

*点取占い*
点取り占いブログパーツ

*一人でも出来る事*










MOTTAINAI



♥Food mileage.com



*素敵なサイト様*

ていねいな暮らしを楽しむ雑誌『天然生活』
ていねいな暮らしを楽しむ雑誌
『天然生活』




♣ALPHA AGENCY
♣K Factory
♣KAZUKI KITAMURA OFFICIAL WEB
♣MANSAKU NO KAI
♣apache
♣いまっぺーじ
♣つきやま楽所





無料占い | プルモア
Presented by 無料占いプルモア

アクセス解析

白虎宛に連絡など
ありましたらこちらまで
baihu667-shie☆excite.co.jp
(☆を@に変えて下さい)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
検索