月夜の蟹


ようこそのおはこびで      厚く御礼申し上げます
by 白虎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ

天地人 第三回『殿の初恋』

毎回出て来るタイトル前の一言を見ると、どうしても「ためしてガッテン」の最後に
小野アナが出す色紙が浮かんでしまう(笑)

さて、先週までお子達の演技にウルウルさせられ、満を持して大人パートに突入した訳でありますが…なんだろう、このラブコメ戦国時代劇(笑)
まぁ、主要登場人物が今のところ皆ティーンエイジャーだから仕方無いと云えばそうかも知れませんが、やっぱりちょっとなぁ…。
曲がりなりにも戦国時代なんだから、もう少し緊張感が欲しいところ。
これから戦の場面も増えてくるかと思いますので、脚本家の方には是非とも頑張って頂きたい。

とは云え、はにかみ笑顔の景勝@北村殿を堪能出来たから、あまり文句も言えないか。
とても十九歳には見えんかったけど(笑)
そう云えば、土曜スタパで謙信@阿部様に
「(成長すると)なんであんな悪人顔に…」
と言われとりましたが、いいんです!殿はあれで。

兼続ら家臣達とともに雲洞庵から春日山城へと移っている景勝。
そこには謙信のもう一人の養子である景虎もいた。
美男子で何事においても器用にソツ無くこなす景虎と、華やかな事が苦手で、口数少ない無骨な景勝は何かと比べられる。
でも景勝は口下手なだけで決して愚鈍な訳でも不器用な訳でも無くて、きっと熱い心は内に秘めているのだろうなと云う気がします。
美男子より、寡黙な殿が好きだ! ←只のファンの欲目

兼続は、殿大好きなあまり何かと暴走気味。
こちらもまだ十四歳、無邪気と言うか何と云うか、思った事をそのまま口に出してしまうのは幼い頃と変わっていない様子。
それにしたって殿の良いとこの一つや二つ、探せば出て来るだろうよヾ(・ω・o) ォィォィと思います。
評定で自分の考えを殿の意見だと御館様に進言したり、殿がお船を慕っていると知るや、無断で手紙をよこしてみたり…。
正直ちょっとウザ(ry
だけど、対する殿のお尻ペンペンはちょっとした破壊力でございました ( ̄Д ̄;;
この二人は雲洞庵からこっち、ずっと仲の良い兄弟のように過ごしたんだろうなぁ。
あの雪原の誓いのままに、お互いを思いやり補いつつ、これからも気の置けない友のような良い主従関係を築いていくんだろう。
それは出陣祝いの席で、舞えと促された景勝の代わりに踊る兼続と、それを見る景勝の口の端に僅かに上る微笑によく現れている。
景勝と共に出陣する事が叶わず、この身をもって殿を守る事が出来ないと泣く兼続は、晴れて初陣の日が来たら、殿と駒を並べ出陣出来る嬉しさにまた泣いちゃうんではなかろうか。

殿の初恋に関しましては、この先成就する事も無いのでスルー(笑)
でも、刀をポンポンしながら溜息ついて項垂れたり、お船の目に留まるようにわざと廊下に出てみたりする殿はとってもラブリーでした。
あんなにあからさまじゃあ、誰にだって気付かれるだろう普通…o(_ _*)o
城の女共は皆して景虎様ラブ〜みたいだったけど、私だったら殿を陰ながら御慕い申し上げますよ絶対(* ̄∇ ̄*)

来週も戦国恋愛模様は続きそうだけど、そのうち男っぽくなってくるといいなぁ。
[PR]
by baihu667-shie | 2009-01-20 23:07 | ドラマ・映画
<< 誰だったんだろ? ライデン瓶 >>