月夜の蟹


ようこそのおはこびで      厚く御礼申し上げます
by 白虎
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ

愛なんてッ…!!

遅ればせながら虎ノ介クンin『9係』の感想を。

出て来た時の殊勝らしい態度やら、代議士秘書の娘の婚約者やらの設定からして、てっきり大野秘書(春田純一さん)がメイン犯人で、それを高坂君が法律駆使して憎たらしく隠蔽工作する役どころだろうと思っていたら、なんと思いっきり真犯人。
後半タップリ出番があったし、期待してた師匠(渡瀬さん)との絡みとか、9係のメンバー全員に槍玉に挙げられてるとこがちょっと嬉しかったりして(笑)

でも、今回彼の役柄に対しては1㎜の共感も出来ません。
何が「俺を生んだ女は、3歳の時に俺と父親を捨てて他の男と逃げた」だ、甘えんな!
ってなもんです。
どんな育ち方したんだまったくヾ(。`Д´。)ノ。
彼がどうして法律家を目指したのか知りませんが、きっと父親も弁護士とかなんだろな。
あの若さで代議士秘書の顧問弁護士が出来るくらいだから頭は良かったんだろうけど、あんな自分勝手な奴は大っ嫌いざんす。
しかも自分の名前をサークルにつけちゃうあたり、結構なナルシスト。
一話完結の設定上、自分からのこのこ現れてべらべら喋ってしまうあたり小物感いっぱいで、仮にも法律家だろ?っていう詰めの甘さがなんとも哀れな役でした。

しかしです!
相変わらずビジュアルは最高(///∇//)
睫毛バサバサは健在だし、オールバックの髪もスーツも似合ってました。

虎ちゃんの最大にして最強の武器は『眼』だ!
と改めて認識した次第。
悪事発覚した途端にすっと目つきが変わるのよ。あれは凄いです。
取調室での悪い顔がめっちゃセクシー(♯´艸`)
髪を下ろして派手な雰囲気の過去の悪っぷりも良かったっす。
あのくわえ煙草でカメラ目線の写真、出来れば譲って欲しい(* ̄∇ ̄*)。

それにしても…突然キレるのと、親の愛情を受けずに育って性格がひねくれてる役ってのは、もはやデフォですかい?
四草<辰巳<飯塚<佐伯<高坂と、だんだん悪度がアップしてるし…o(_ _*)o
(久木田は純愛故の暴走って事でちょっと違うかな)
確かに当たり役っちゃあそうなんだろうけど、イメージが固定化されちゃうのはちょっとねぇ。
もっと穏やかで笑顔いっぱいの役も見たいですよ。
コメディーもいけると思うんだけどなぁ。
WOWOWの方はどんな感じなんでしょね?

さて、今日は「官僚たちの夏」です。
どんな作業員姿を見せてくれるのか楽しみ。
放送に先駆けて番宣番組があるみたいですが、少しでも登場シーンが流れるといいな。
[PR]
by baihu667-shie | 2009-07-05 14:02 | 加藤虎ノ介
<< 明日に向かって 暁に咲く >>