月夜の蟹


ようこそのおはこびで      厚く御礼申し上げます
by 白虎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ

盛夏

f0195313_14314178.jpg

『葉月』
抜ける様な青空と熱い空気、勝ち誇る太陽に負けないくらい元気な子供達のさざめき。
何もかも明るく照らし出されている様な季節でもあり、
一方で深い悲しみに包まれる月。

此岸と彼岸の境がぼやけ、
今は遠くへと逝ってしまった彼の人が、ほんのひと時帰る月。

祈りの聲と、哀悼の月。

昔から、八月は一年の内で最も苦手な月だったりします。
悲しみがそこいら中に漂って、私をあちらへ連れて行ってしまいそうだから。

写真の花は「百日紅」photo by 季節の花300
花言葉は『愛敬』『雄弁』

夏の盛りに鮮やかなピンクの花が眩しいです。
白い花もありますね。
7月から約三ヶ月ほど花が咲いていて、ずっと咲き続けている様に見えるのでこの名前がつきました。
本当は咲いては散りを繰り返しながら、10月半ば頃まで花を楽しむ事が出来ます。

  『炎天の 地上花あり 百日紅』
               高浜虚子

[PR]
by baihu667-shie | 2010-08-01 15:30 | おついたち
<< そそるなぁ 心地よい響き >>