月夜の蟹


ようこそのおはこびで      厚く御礼申し上げます
by 白虎
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ

格好良いと云うより…

f0195313_18492993.jpg

『龍馬伝』第33・34話
井上聞多@虎ノ介クン、頑張ってますね〜。
グラバーとの商談の時には英語で話して洋行帰りをさりげなくアピールしちゃったり。
軍艦の契約成立して、俊輔と抱き合って破顔一笑したり(伊藤の「井上さ〜ん!!」って呼び掛けに「俊!!」って応えてましたね、二人の関係が垣間見えて面白い)
「契約書」書いてる時のアヒル口は思わずつまみたくなりました(笑)
一生懸命書いてる感じがなんともww
惣之丞と庭の大砲撃つ真似してはしゃいだり、いちいちやる事が可愛いったら(///∇//)
もうずっと見てたいよ聞多w
まぁね、出番が少ないのは仕方無いと思ってるし、覚悟もしてるんだけど、
それでも画面の端っこにちょっととか、声だけ聞こえてて顔が見えないとかは勘弁して〜と思うですw
贅沢な望みなんですけどね。

長次郎さんの最後はもう、涙ボロボロ。
社中の内情を思うあまり利益を出そうとして仲間から偽侍と言われ、疎外感を感じてイギリスへの密航を決意
するも嵐で船は出ず、おり悪く長崎奉行所に密航が発覚してしまう。
自分がやろうとした事が社中の仲間を窮地に陥れると知った時の、
追い詰められた彼の絶望がひしひしと伝わって心が痛くなりました。
立派に侍として死んで逝った長次郎さんを、小曽根さんとグラバーが理解してくれた事も感慨深かったです。
長次郎@大泉洋ちゃんの人なつこい笑顔が見られなくなったなんて、寂しいなぁ。
[PR]
by baihu667-shie | 2010-08-23 19:59 | 加藤虎ノ介
<< 立ち止まる もう来月だわ >>