月夜の蟹


ようこそのおはこびで      厚く御礼申し上げます
by 白虎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ

残念

f0195313_13445175.jpg
                                      <photo by VQ1005>
崇クンの自転車旅、無くなったんですね。
D☆さんブログでお知らせありました。
放送日程まで決まっていたので、とても残念です。

D☆さんがブログの中で
理由は、詳しくは言えないけど、
…私が番組へのこだわりを棄てなかったからか。
…テレビ的、ではない番組作りにこだわったからか。
自分の手で、今回の企画を握り潰したということに、なりましょうか。
と書いていて、
放送局側と番組制作側で、何かの齟齬があったのかなぁと…。
でも作り手としては表面的にただ面白いだけのものでなく、出演者も制作者も、
そしてそれを見る私達も本当に良かったと思える番組作りをしたい筈。
拘るのは当然の事だと思います。
中途半端に納得のいかないモノを作って流す位なら、いっそスッパリ諦めた方が良いとも思う。
出演者に思い入れがあれば尚更、良い番組に出て欲しい。
好きな役者(タレントも含め)が出てさえいれば、どんな番組でも良いと云う方もいるでしょうが、
少なくとも私はそういうのは嫌な方なのです。
(それもお仕事…と言われてしまうと返す言葉はありませんが、番組の宣伝の為に○○感謝祭とか
喧しくただ騒ぐだけの番組には出てくれるなといつも思います)

私自身はこの放送局(敢えて名前は出しません)は好きだし、最近は結構チャレンジしてるな
と思う反面、ちょっと安易に作り過ぎてるんじゃない?と思える番組も多々あるので、
そう云う意味では、今は過渡期(今更感もあるけどw)なのかも知れませんが。
いずれにせよ、今後また縁が巡って来て良い番組を作って貰えると良いなと思います。

さて、
『龍馬伝』公式HPでは、プチ後藤様@崇クン祭になってます。
彼は第一部から第四部までを通して出演している数少ないキャラですが、
こうして改めて写真を見ると、成長と云うか変容がとてもよく解りますね。
崇クン自身この後藤象二郎が大好きと公言しているし、
並々ならぬ嵌り様はドラマを見ていても凄く伝わってきます。
(なので、内容がアレなのはとっても残念でなりません)
崇クンがインタビューで語っている通り、
例え出番の無い回があっても、ドラマの中では確実に時間が経過している。
当然その過程で象二郎自身成長している筈なんですよね。
「後藤の正義」と云う言葉にもあるように、象二郎は土佐藩の参政と云う立場の中で
彼なりに常に世間の動向を見極めながら、己の生き方を模索し続けている。
そこを見据えて象二郎と云う人物を作ろうとする「青木崇高」の役者魂を見せて貰った気がします。

そして、どうやら次のお仕事は三池組の映画(時代劇)のようです。
共演の竹中直人さんのTwitterに一緒の写真がありました。
もう既にめっちゃ細くなってますw( ̄▽ ̄;)w いったいどんなダイエットしたんだろ?
そう云えばD☆さんブログに手だけの写真あって、あれもかなり骨張って細かったなぁ。
京都で撮影してるみたいだけど、冬の京都はか〜なり寒いからねぇ。
幾ら若いとは云え身体だけは大事にしてね〜と、身内でも無いのに心配しちゃいましたよ。
[PR]
by baihu667-shie | 2010-11-10 15:16 | 青木崇高
<< 冬の必需品 鬼の様な伯父さんw >>