月夜の蟹


ようこそのおはこびで      厚く御礼申し上げます
by 白虎
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ

ギラギラ 第五話

毎度、公平さんのナレーションがなんとも云えず素敵(笑)

『本当の敵が姿を現した!』
『俺の中で眠っていた何かが、今、
 蘇ろうとしているッ!』


台詞だけ聞いてると、どんな特撮ヒーローものかと思っちゃいます。

大成さんが公平さんに宣戦布告して、いよいよ直接対決。
大成さんと睨み合ってる時の公平さんの目が怖くて力強くてシビレル。
ライバルが店を潰すために息のかかったホステス(ホスト)大量投入って確か「夜王」でもあったような…。これって常套手段なんですかね?
大成さんがただの嫉妬のみで公平さんに挑んでるかは疑問なので、今後の展開に期待。
何となく、堂島を出し抜くために公平さんを利用してるようにも見えるんだよね。
公平さんはあくまでも正面から受けて立つ構えだし。
そして秀吉は大成の罠に嵌って暗黒面に。
桃子さんにはホスト勤務がバレてしまうようで、彼女は旦那が近頃どうも挙動不信って事より浮気の方が心配の比重は大きいようだけど、
どうなる次回!?

それにしても秀吉、公平さんを信じるって言っときながらラストには嘘つき呼ばわり。
幾ら人を騙す奴が嫌いって言っても、ちょっと単純過ぎやしないかい?
「人を愛する事は、自分の弱さと向き合う事かも知れない」
と公平さんは言います。
信じる事も同じだろうと思うんですよ。
人はそれぞれに大事な何かを抱えているもので、それを守るために結果『嘘』をつく事だってある。
問題は『嘘』そのものじゃなくて、どうして『嘘』をついたかって云う気持ちの方だったりします。
それを裏切りと思うかどうかは、自分自身の心の持ちようで変わるんじゃないかなと。

『嘘』を許さないって云う真っ当で強い正義は潔いけど、私には何だか強過ぎて辛い。

『人を信じる』ってのも、結構パワーがいりますよ。
まぁ、現実問題なかなかそうはいきませんけど。
でも、公平さんは誰に対しても真っ直ぐに信じようとしてる。
だから、そんなふうに信じて貰った秀吉が公平さんを嘘つきと罵るのを見ると、そりゃないよ〜と思わずにはいられません。
だって優奈の事は解ってて信じてるんだもん。

さ〜て今回の萌えポイントは、
公平スペシャルのカクテル飲んだ有希さんと深見さんが、微妙な顔で去って行ったとこ。
おいてかれた蔵さんの何とも言いようのない笑顔がツボでした。
何が入ってたんでしょうねぇ、やけに毒々しい緑…。
それとあの、公平さん、ちょっとスキンシップが過ぎやしませんか?
影士の時の見つめ合いといい、秀吉抱き締めといい、女の子慰めてるんじゃないんだから…。
見てるこっちが妙にドキドキしてしまう。(● ̄  ̄●)ポッ
[PR]
by baihu667-shie | 2008-11-16 16:30 | ドラマ・映画
<< SCANDAL 第五話 『鷲津』ふたたび >>