月夜の蟹


ようこそのおはこびで      厚く御礼申し上げます
by 白虎
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ

SCANDAL 第八話

全ての謎は来週明らかになるようですね。

今回はたまきの心の闇が解放されました。
息子の死をずっと封じ込めて、現実から目を背ける事で心身の均衡を保って来ただろうたまきが、理佐子の事件に関わって現実を見ざるを得なくなる。
ちょっと残酷なシーンでした。『峠の我が家』は切ないです。
夫は息子の死以降ずっとたまきに寄り添い、非現実の世界に付き合って来た。
どうしようもない不条理感も、痛みも、哀しみも受け止めていると云う事なんだろうけど、それだけに何故わざわざあの部屋に理佐子をかくまったりしたのか…。
しかも、凶器?まで隠して。
たまきは絶対に扉を開く事が無いと確信しての事だと思うのだけど、だとすればそれはちょっとどうなんだと。
勝沼刑事は、何かよっぽどの事情があるのだと言っていたけど、仮にそうだとしても、
たまきにいつか現実を受け止める日が来る事を望んでいるのなら、理佐子の事件に絡めて巻き込むような形をとるのは荒療治に過ぎる。
夫が一人家に帰って来た時に、暴れるたまきを抱き締めて謝っていたから、きっとこの夫婦の心の繋がりは深いんだろうとなと安心はしたけど。
理佐子は失踪から三日の間、あの部屋の中でどんな気持で過ごしていたんだろう?
そして、この一件を通して女性陣4人の友情がより深いものとなっていく。
自分の弱い部分を曝け出す時を、一緒に過ごして貰う友人なんて云うのはそう簡単に出来るもんではなくて、とても大事にしたい間柄。
一生のうち数人出来れば良い方だと思う。大人になれば尚更。
たまき意外の3人も、今後はそれぞれに表に出せなかった葛藤や不安を皆で共有していくのかな?

今の所は、ひとみの夫が立場的に一番不利な所にいるようですね。
事件が明るみに出る事で、仕事を無くし、家庭も壊れるとは穏やかじゃありません。
へたすると、上司の罪をかぶってしまいそうです。
勝沼の追求に、必死で取り繕ってるのが痛々しい。

さてここまできて、久木田はどうも本当に理佐子の事を探しているんじゃないか?
と思えてきました。
横浜のホテルのロビーで二人を見失った時の戸惑った表情と、そのあと路上でホテルを見上げる切ない表情からは、本当に理佐子を愛しているように受取れる。
身を隠していたのに、衆人環視の中に飛び込んでしまう程に。
だとすれば、久木田が持っている理佐子の携帯や、必要以上な貴子への接近等、これまでの不可解な行動は何なのか?
逢えないまでも、共通の目的をもって動いていると云うことなのか?
8年前の事件にしても、何がどう関わっているのか全く見えてこない。
理佐子は久木田をどうしたいんだろう…。
何か暴こうと決心しているにしては、どうも表情が悲しそうなのが気になる。
でも、金沢とホテルに入る時には笑っていたんだよなぁ。
何か計画に齟齬でもきたしたんだろうか?
たまきに(4人に?)宛てた手紙の内容も気になるところ。
やっぱり、スッキリするのは来週まで待ってるしかないのね o(_ _*)o

秀逸だったのは、貴子の夫が茶碗と箸で久木田を威嚇してるとこ。
箸を向けられた久木田が、それを目で追ってるのが可笑しい。
巨大掲示板で「おかわり男爵」とか言われてて笑っちゃった。
娘に「男子は黙ってて!」とか言われて凹んじゃうのは、今時のお父さんだなぁ。
自分は浮気してるくせに、妻の不貞は許さないのかい?
貴子が出掛けた後、何処かに電話してたからそれだけが理由じゃなさそうだけど、この人も事件とどう関わっているんだろうねぇ?

そして、虎ちゃんです。
先週の『久木田祭り』があまりにも衝撃過ぎて、今回ちょっとあっさりに感じましたが、当初の出演予想より遥かに出番が多いのだから、贅沢は言えませんね。



出番は少なかったけど、見所はありました。
すっごい悪そうな顔して尾行してるのに、ちゃんとシートベルトしてるのが可愛い。
タクシーから下りる時にちらっと見えた胸元がセクシー(>▽<)♪。
常にシャツのボタン三つくらいはずしてて、

そんなに色気振りまいてどうしようって云うんだ久木田!!(///∇//)

ずっと見てて思ったのは、普通に喋ってるシーンも勿論いいけど、電話で聞こえて来る声の方が2割増くらい色っぽい。ちょっとハスキーで。
電話口でずーっと喋ってるのを聞いてたい…なんて思っちゃったヾ(・ω・o) ォィォィ。

ホテルのロビーに駆け込んで衆人環視に晒された時の、刹那の戸惑いと、その後射るような眼に変わる所はやっぱり上手いなぁ。
キメ顔(って云うのかな?)がいいよね。凛々しくて。
白昼の自然光より、間接照明とか夜の灯りの中に居る方が「銀髪」が綺麗に見える。
黒髪より一瞬で注目される場面には合ってるから、この髪の色は正解って事だね。

あと、虎ちゃんは歩き方がもう少しスマートになれば、もっと格好良くなるのになぁと思いましたです。
なんかちょっとぎこちない。
あの歩き方も可愛いから好きだけど、役によってはもったいない気がします。
男爵に叱られてるとこは、あまりの身長差にちょっと笑ってしまった。
一人で立ってると意外と男っぽいのに、ああやって並ぶと可愛く見えるから不思議。

寒くなって、やっとコートを着せて貰えましたね。
久木田の服って似たようなスーツばっかりだし、超個人的にはぜひ普段着にゆったりめのセーターなんか着て欲しい。
だってうなじが綺麗なんだもん(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

来週こそは、バイオレンス久木田の詳細が解るのかなぁ?
せっかく頑張って撮ったシーンだし、黒髪で暴れる虎ちゃんが見たい〜。
[PR]
by baihu667-shie | 2008-12-10 16:13 | 加藤虎ノ介
<< 思えば遠くに来たもんだ ギラギラ 最終話 >>